2021.2.23

「手の知性」を深めると、「触れる」が変わる

ソマティック タッチ タッチケア

Touch for World代表・パーソナルセラピスト 小松ゆり子 です。
「Magellan」では、五感至上主義者&セラピストの視点から「明日を選ぶ羅針盤」となるあれこれを綴っています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この間セラピー・セッションの後に「手がマシュマロなみにふかふかだった!」と言っていただき、たいそううれしかった。

小さくはないけど大きくもなく、指も短くも長くもない、無個性な形。 

天性のふかふか肉厚で柔らさといったものはまるでなく、どちらかというと気合いを入れてしまうと伝わってしまいがちな、取り扱いに注意が必要な手。

シワも多いし爪はやや丸くてお世辞にも形が良いとは言えず、全体的に少し乾燥しやすい。 

もしこんな手でもふかふかに伝わっていたとしたら、20年弱がんばって脱力に注力してきた賜物であり、ある種の「知性の産物」でもあると思う。

なぜ、脱力した手が心地よいのか。

人に触れる、それだけで身体に起きている生理的変化はなにか。

皮膚の下に広がる身体の世界はどんな層が広がっているのか。

そうした知識を内包しつつも一旦全部横において、なるべくフラットに「ただそこに在る」ていで触れる。

知識を得ること、考察していくこと、手の知性を深めることが、シンプルなタッチに底知れぬ深みを与える。

だから、私は触れるを学ぶことをやめられない。

その知識の拠り所のひとつが、山口創先生による数々の身体心理学やタッチにまつわる研究であり、日々繊細な方のタッチケアにあたっていらっしゃる中川れい子さんの存在。


3月6日(土)に「タッチケア・フォーラム コロナの時代を生きるタッチケア いのちに触れる “Touch”の未来を考える」が中川れい子さんが代表を務めるタッチケア支援センター主催で開催されます。


なんと「手の倫理」の著者である伊藤亜紗さんや、ボディワーカーの藤本靖さんも登壇されるという超豪華な布陣。


しかも、当日参加できずとも録画視聴が可能だそうです。(わたしも録画組)


「触れる」ことを大事に考えている人、そして全てのいまを生きる人に役立つはず。


ぜひ奮ってご参加ください! 
■第六回タッチケア・フォーラム&<身>の医療研究会 第六回大会  コロナの時代を生きるタッチケア いのちに触れる “Touch”の未来を考える

日程:3月6日(土)
時間:昼の部 10時~午後5時30分  
   夜の部(全大会)午後7時~8時30分
■ヴァイタル・タッチセラピー 

心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com/

小松 ゆり子

Touch for World 代表/パーソナル・セラピスト/五感至上主義。音楽レーベル宣伝部プロモーターを経て、自然療法の世界へ。現代人の「身体性」を取り戻すこと、「心と身体、世界をつなぐ」をテーマとし、南青山のアトリエ「corpo e alma(コルポ・エ・アルマ)」を中心にセラピーやセミナーを行い、執筆、監修 も多数。東洋的な押圧とロングストロークやストレッチングを多用し、植物や鉱物の力をフュージョンさせたオリジナルメソッド「ヴァイタル・タッチセラピー」を提唱し、密度の濃い「パーソナル」なスタンスでオーダーメイドの施術を行う。音楽、カルチャーとセラピーを融合するイベントも多数開催。趣味は世界の癒しに触れる旅。

https://ameblo.jp/yurikokomatsu/