• トップ
  • 記事一覧
  • 生まれて初めて目を開けたときのように、世界を見たい人へ

2019.12.3

生まれて初めて目を開けたときのように、世界を見たい人へ

ヴァイタル・タッチセラピー ソマティック 五感至上主義

Touch for World代表・パーソナルセラピスト 小松ゆり子 です。
「Magellan」では、五感至上主義者&セラピストの視点から「明日を選ぶ羅針盤」となるあれこれを綴っています。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

人は、ただ一生懸命生きている。

 

 

それだけなのに、生きているだけでうっかり身につけてしまうものがたくさんある。 身体には生きてきた道のりが刻まれている。

 

 

そんなしがらみを全部とり外して、本質的な自分を再インストールする。 そのために、心や魂のメタファーとしての身体にアプローチする。

 

 

それが、私が「ヴァイタル・タッチセラピー」で意図していることです。

 

 

 

 

関節を解放するムーブメントやストレッチングを多用し、ディープティシューのアプローチで深く切り込む「動」の時間と、ただ「触れる」だけで内側から自発的にゆるむのを待つ「静」の時間。

 

 

その「静」と「動」の繰り返しが、まるで「あの世とこの世の境目」に自分が存在しているような、不思議な領域に連れていく。

 

 

未来の自分をサポートするエネルギーがある精油を選び、たっぷりのホホバオイルと、温められた石とともに身体の隅々まで塗り込める。

 

 

 

 

身体の抵抗を感じる部分から、なんらかの記憶や感情を感じることもあるかもしれない。 もうそれらが必要なければ、今安全な場所にいることを感じて手放していく。

 

 

温かい石に全身を埋められたときには、ただただ心地よく眠ってしまうかもしれない。

 

 

花束の代わりに煌めくクリスタルで身体を彩り、小さな死のような眠りから目覚めたときには、きっと細胞から新しい自分になっている。

 

 

 

 

そして、まるで生まれて初めて目を開けたときのように、世界を見る。

 

生まれたての、自分。

 

これから何を選んでもいい、自由な自分。

 

 

単に身体を良くする、ということだけではなくて。

そんな生まれたての自分に戻る儀式として、セラピーを受けてみるのも良いのではないかと。

 

 

 

 

「儀式を行う、のではなく、あなたが儀式そのものになるのです。」

ストーンメディスンを教わったとき、ネイティブアメリカンのシャーマンが何度となく言っていた言葉。

 

一年の終わりの禊セッション、体験してみてください。

 

 

 

※禊セッションをマゼラン特別割引でご体験ください!
2019年12月〜2019年1月15日まで
「ヴァイタル・タッチセラピー 120min¥30,000→10%off」にてご提供いたします。

「マゼランの記事を読んだ」とご記入いただいた方は自動的に割引適用させていただきます。

ご予約はこちらから→http://yurikokomatsu.com/

 

 

 
 
■ヴァイタル・タッチセラピー 

心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。

http://yurikokomatsu.com/

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com/

 

小松 ゆり子

Touch for World 代表/パーソナル・セラピスト/五感至上主義。音楽レーベル宣伝部プロモーターを経て、自然療法の世界へ。現代人の「身体性」を取り戻すこと、「心と身体、世界をつなぐ」をテーマとし、南青山のアトリエ「corpo e alma(コルポ・エ・アルマ)」を中心にセラピーやセミナーを行い、執筆、監修 も多数。東洋的な押圧とロングストロークやストレッチングを多用し、植物や鉱物の力をフュージョンさせたオリジナルメソッド「ヴァイタル・タッチセラピー」を提唱し、密度の濃い「パーソナル」なスタンスでオーダーメイドの施術を行う。音楽、カルチャーとセラピーを融合するイベントも多数開催。趣味は世界の癒しに触れる旅。

https://ameblo.jp/yurikokomatsu/