2018.10.23

落合陽一が筋トレを勧めている

人工知能 筋トレ

マルチな活躍をされる落合陽一さん、

お好きな方もそうでない方もおられると思いますが、

私は好きです。好きというか興味深くてつい観察してしまいます。

彼がニュースゼロに出たときに炎上した話は近々

コラムに書こうと思うのですが、こんな記事を発見。

 

落合陽一「人口知能時代に必要なのは筋トレ」

https://getnews.jp/archives/1684890

 

「これからの人口知能時代に備え、人間がやっておくべきことは?」という質問には、

「筋トレ」と即答した落合さん。

「脳トレも重要ですが、脳はきっとコンピューターが補完してくれる。技術失業した時に一番人間が活かせるリソースは筋肉なので、筋肉だけは鍛えておいた方がいいと思います」。

実際、落合さん自身、1日中ストレスなく働けるように、朝起きたら筋トレしているそうです!

「筋肉はほんとスゴいですよ。筋肉って治るし、燃費もいいし、バグってもなんとかなるし、ロボットアームの方が正確に動くけどその分重い。それに比べると我々人間は、凄く優秀な機械なんです。そこは鍛えておかないと勿体無いですよ」

と筋肉を鍛えることの有用性を強調していました。

 

一番人間が活かせるリソースは筋肉!!

「筋肉って治るし」

「バグってもなんとかなるし」

 

心にしみる味わい深い名文です。

 

私も「身体性」というリソースをもっと社会が有効活用できるようにがんばりますので

出資してほしいです、笑。

 

 

小笠原 和葉

ボディーワーカー /意識・感情システム研究家/
プレゼンス・ブレイクスルー・メソッド®(PBM)ファウンダー
代替医療を中心として学術・臨床研究を深めながらさまざまな発信や
コラボレーションを通して新しい健康観「健康3.0」を探求している。
著書「システム感情片付け術」(日貿出版社)
クラ二オセイクラル・プラクティショナー(CHA)アシスタント・チューター
Somatic Experiencing®上級プラクティショナー 
宇宙物理学修士
趣昧はフィギュアスケート鑑賞。一児の母。

http://pbm-institute.jp/