2018.5.17

寝る前の”ストレッチポール”

ストレッチポール 呼吸

記念すべき第1回は、編集長一押しセルフメンテナンスグッズをご紹介します。

 

 

ストレッチポール!(ボール、ではありませんのでご注意ください。)

 

本当にシンプルなただのポリウレタン製のポールです。

が、効果絶大。

ものすごく疲れているけれど、時間もない、気力もない、

そんな方にこそオススメします。

 

使い方はシンプルに、「この上に寝るだけ」です。

(頭まで乗るようにしてくださいね)

 

それだけであら不思議、背骨周りの緊張が取れて、ものすごく呼吸が深まります。

デスクワークで肩や腰が凝っている時も、

たくさん歩いてすぎて疲れた日も(特に女性のヒール疲れ)、

ちょっと精神的にきついなあ、

という時も、「呼吸を楽にしてあげる」ことで改善できます。

ストレッチポール、使いみちは色々あるのですがまずはシンプルに、

寝る前に、ほんの数分でも、この上に寝そべって深呼吸してみてください。

 

Amazonやスポーツ用品店で購入することが出来ます。

様々な値段のものがありますが、実感としては、どれも大差ない!(笑)

安いものでも十分です。

 

寝そべって、「ストレッチポールいいかも」となった方は

YouTubeに、色々な使い方が出ていますので見てみてください。

 

でもまずは、「寝る前にストレッチポールに乗る」。

シンプルなことから始めてみてください!

 

小笠原 和葉

ボディーワーカー /健康経営コンサルタント/意識・感情システム研究家/
プレゼンス・ブレイクスルー・メソッド®(PBM)ファウンダー
代替医療を中心として学術・臨床研究を深めながらさまざまな発信や
コラボレーションを通して新しい健康観「健康3.0」を探求している。
著書「システム感情片付け術」(日貿出版社)
クラ二オセイクラル・プラクティショナー(CHA)アシスタント・チューター
Somatic Experiencing®上級プラクティショナー 
宇宙物理学修士
趣昧はフィギュアスケート鑑賞。一児の母。

http://pbm-institute.jp/